iOS 9.3の新機能「Night Shift」を試してみた。

iOS 9.3の新機能「Night Shift」を試してみた。

iOS 9.3では、新機能「Night Shift」が追加されました。

【関連】:iOS 9.3がリリース。新機能「Night Shift」他、多数の機能改善。

心地よい眠りに役立つ可能性(ホントかよ?)がある新機能を早速試してみました。

「Night Shift」の設定方法

夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます1。そして朝になると通常の設定に戻します。心地よい眠りのために。

via:iOSのアップデート – Apple(日本)

早速、設定していきます。

まず『設定』を起動し、『画面表示と明るさ』をタップします。↓
NightShift

『Night Shift』をタップします。↓
NightShift

ここで各種設定ができます。↓
NightShift

『時間指定』、『手動で明日まで有効にする』や『色温度』の設定ができます。

『時間指定』は『日の入から日の出まで』、『カスタムスケジュール』のいずれかで設定します。↓
NightShift

『カスタムスケジュール』は1分刻みで設定できます。

ビフォーアフター。↓
NightShift色温度の初期値をPhotoshopでそれっぽく再現したモノです。
スクショでは色温度を反映したモノの撮影はできませんでした(当然か)。
なんとなく違いがが分かるかと。

上記の設定後は、コントロールセンターでのオン・オフ(下部中央の太陽と月のアイコン)が便利です。↓
NightShift

あとがき

確かに、目の負担は幾分軽減できそうです。

ですが、「これは心地よい眠りに役立つ可能性があります」というあいまいな表現の通り、気休め程度に考えた方がよさそうです。

あと当然ですが、iPhoneで画像編集等をする際はオフしないと作業できないので、そこが注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『naouniverse.com』では、管理人が気になるモノ・コト・セカイについて、つらつらと書いています。
ガジェット・カメラ・デザイン・プログラミング・L'Arc~en~Cielなどなど・・・