タムロン、 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)のCanon EOS M6対応について告知

株式会社タムロンは4月20日、交換レンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC(Model B011)」をキヤノン製ミラーレスカメラ「EOS M6」(4月20日発売)で使用した場合にカメラの電源が入らずに使用できない現象が見つかったと発表した。
この現象に対応したファームウェアの無償アップデートを実施する。

via:タムロン、18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCがEOS M6で動作しない現象を告知 – デジカメ Watch

マジっすか・・・
と思いきや、EOS M5との不具合の時にアップデートした場合は問題ないとのこと。
私は既にアップデート済なので、ひと安心しました。
また、1月17日以降に製造・出荷された個体もアップデートは不要となっています。

via:キヤノンEOS M6との対応についてのお知らせ (Model B011での使用について) | 株式会社タムロン

Model B011とEOS M6の組み合わせは若干フロントヘビーになるかな、という印象です。
これは、似た形状のEOS M3との組み合わせで経験して思ったことでもあります。↓
若干フロントヘビーですが、やっぱりマウントアダプターを介さずに18-200mmの焦点距離をカバーできるのは何かと便利ですね。

EOS M6を購入される方でファームウェアアップデートが必要な個体を持っている方は早めに依頼すると良いでしょう。

ちなみに私の場合、レンズ内清掃も同時に依頼したのですが、依頼した当時は保証期間内だったので無料で対応いただけました。
レンズ内のチリ等が気になる方は同時に依頼するとよいでしょう。
写りに影響しない微細なチリは気にしなくてもよいですが、やっぱり精神衛生上、レンズ内清掃も依頼してよかったと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『naouniverse.com』では、管理人が気になるモノ・コト・セカイについて、つらつらと書いています。
ガジェット・カメラ・デザイン・プログラミング・L'Arc~en~Cielなどなど・・・