Velbon ULTRA STICK V63D ウルトラロック一脚を購入、どれ程手ブレを軽減できるか試してみた。

写真撮影時の手ブレ対策として真っ先に思い浮かぶのは、三脚や一脚を使用する事かと思います。

ですが、当記事執筆時以前の私の手持ちのアイテムは、ゴリラポッド SLR-ZOOMMTPIXI-ZOOM のみ。
いわゆる普通の三脚や一脚は持っていませんでした。

やはり、それぞれちゃんとしたモノが欲しくなり、まずは一脚を購入してみました。
(三脚に関してはまたいずれ・・・)

今回購入したのは、Velbon ULTRA STICK V63D ウルトラロック一脚です。

ベルボン ULTRA STICK V63D ウルトラロック一脚を購入しました

ウルトラロック一脚縮長383mm、質量532g、割とコンパクトな部類に入るかと思います。

QHD-43D自由雲台 QHD-43D N が付属しています。
これがあることで、取り回しに融通が利き、且つ安定した撮影をすることができます。
よく見ると水準器が付いています。

QB-54付属のシュープレート QB-54 は、Canon EOS M3 に装着するにはちょっと大きめ。
これを装着したままでは、バッテリー交換ができません。
互換性がある小さいシュープレートはあるのかな?

ウルトラロックウルトラロックは、脚先端を握ってひねるだけ。
全段を一気に固定・解除することができます。

ウルトラロック全高1640mm、推奨積載質量3.0kgと、必要十分なスペックですね。

どれ程手ブレを軽減できるか試してみた

さて、一脚を使用した場合、どの程度手ブレが防げるのか?
熱田神宮へ初詣に行った際に、鳥居を試し撮りしてみました。

シャッタースピードは1/8(秒)と、無理目な設定にしました。
尚、被写体ブレに関しては目を瞑ってください。

まず、一脚を使用しない場合。

一脚を使用しない場合ブレブレです。
非常に残念な結果です。

そして一脚を使用した場合。

一脚を使用した場合これもブレていますが、一脚を使用しない時と比べると、雲泥の差です。
一脚を使用すると、縦揺れが防げるのがよくわかります。

あとがき

初めて使ってみて手ごたえみたいなモノは感じたので、またちゃんと使いこなせるようになりたいですね。

と思っていたところ、一脚使用に関する良記事を発見。
via:特別企画:試したくなる「一脚活用のススメ」 – デジカメ Watch Watch

一脚の脚を前に出したり、自分の足で押えるようにしたりとか等々、すごく参考になりました。
今後、一脚は積極的に使っていきたいと思った次第です。

以上、Velbon ULTRA STICK V63D ウルトラロック一脚を購入したというお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『naouniverse.com』では、管理人が気になるモノ・コト・セカイについて、つらつらと書いています。
ガジェット・カメラ・デザイン・プログラミング・L'Arc~en~Cielなどなど・・・