OS X Yosemite 10.10.5、iTunes 12.2.2がリリース。QuickTimeの問題解消、Apple Music関連の改善など

OS X Yosemite 10.10.5、iTunes 12.2.2

iOS 8.4.1と同時に、OS X アップデートも同時にリリースされていた様です。

【関連】:iOS 8.4.1がリリース、「Apple Music」の機能改善と修正

OS X Yosemite 10.10.5アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善され、すべてのユーザに推奨されます。

  • “メール”使用時の特定のメールサーバとの互換性を向上
  • “写真”でGoProカメラからのビデオを読み込めない問題を解消
  • QuickTime PlayerでWindows Mediaファイルを再生出来ない問題を解消

引用元: ソフトウェア・アップデート

iTunes 12.2.2もリリースされています。

このアップデートには以下の改善が含まれます:

  • Beats 1のバナーをクリックすることで、現在視聴している内容を確認したり、番組を見逃すことのないよう、すべての放送スケジュールを表示したりできます
  • Apple Musicでフォローしているアーティストの一覧を表示できるようになりました
  • Apple Musicで前のページに戻るとiTunesが元の場所を失う問題が解決されました
  • アーティストが”マイミュージック”に正しい順序で表示されない問題に対処しました
  • アクションメニューに表示されるプレイリストがライブラリ内のプレイリストに一致しない問題が解決されました
  • アーティストが、思い付いたことや写真、音楽、ビデオを、iTunesから直接Connectに送信できるようになりました

このアップデートには、全体的な安定性やパフォーマンスに対する改善も含まれます。

引用元: ソフトウェア・アップデート

こちらはApple Music関連の改善が主な内容ですね。

Apple Music関連の改善は早急に進めてほしいと思う今日この頃。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『naouniverse.com』では、管理人が気になるモノ・コト・セカイについて、つらつらと書いています。
ガジェット・カメラ・デザイン・プログラミング・L'Arc~en~Cielなどなど・・・