Amazon Kindleの便利すぎるが故の落とし穴にハマりかけたお話

Kindle

Amazonが展開する電子書籍サービスで『Kindle』というものがある。

Amazonが製造・販売する電子ブックリーダー端末、同ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスの事である。

ぼくは特にiOSアプリKindle Cloud Readerでお世話になっている。

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ブック

愛用している方はとっくにご存知だと思うが、Kindleはすごく便利である。

何を今更と思うかもしれないが、まあ聞いてほしい。

ぼくが使っていて便利だと思ったのは、

  • 場所を取らない
  • 様々な端末に対応している
  • スマートフォン・タブレットですぐ読める
  • 紙の書籍よりも安い
  • コンテンツが豊富
  • ワンクリックですぐに購入・ダウンロード

といった事である。

そう、これはすごく便利である。

だが、そこには便利であるが故の落とし穴があった。

便利であるが故、気軽に利用・購入出来てしまう。

気軽に利用・購入出来てしまうが故、ついついポチってしまう。

ふと利用明細、履歴を確認すると、

「え、こんなに・・・」

なんてことになる。

ぼくの場合だと、最近は『王様達のヴァイキング』をイッキにポチってしまった。
ものの1分と掛からなかった出来事である。
(これに関しては内容が面白かったので後悔はしていないが)

【関連】:【マンガ】『王様達のヴァイキング』が面白い!!

また、イッキにポチった結果、もし内容がつまらなかったり、知識として得るものが少ない or 無い場合は、例え少額の購入でも落胆の度合いは少なくない。
(これは電子書籍に限らず起こりうるが)

なので、今後はよく考えて電子書籍を購入したいと思う今日この頃。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『naouniverse.com』では、管理人が気になるモノ・コト・セカイについて、つらつらと書いています。
ガジェット・カメラ・デザイン・プログラミング・L'Arc~en~Cielなどなど・・・